【子連れ再婚】シンママ・シンパパどうやって出会ったの?【アンケート結果】

シングルマザー
再婚も視野に入れたいけれど、どこで出会えるの?
シングルファザー
仕事と育児と家事で忙しくて、出会いを探す余裕がないよ‥
でも子供のためにも母親の存在があったらいいな

そんな悩みを抱えるシングルマザー、シングルファザー多いのではないでしょうか。

まだまだ長い人生。

子供の幸せ、自分の幸せを考えた時に「再婚」も一つの選択肢になります。

(もちろんシングルでいるのも幸せの選択肢)

子連れ再婚は様々な面でハードルは高いですが、素敵な人に出会えれば今の生活よりも精神的、経済的な充実感が得られるはずです

そこで実際に子連れ再婚した元シンママ、シンパパに再婚のお相手とどこで出会ったのか聞いてみました!

聞いてみると、いろいろな出会い方がありましたよ!その数6パターン

あなたに合うのはどんな出会い方か。あなたの周りにはどんな出会いがありそうか。想像しながら読んでみてください!

子連れ再婚、出会いのきっかけは?

単刀直入にお聞きします。

再婚のお相手と出会ったきっかけは何ですか?



クラウドソーシング「ランサーズ」
で再婚した元シングルマザー、シングルファザー10人に聞いて見ました。

(当サイトでは不定期で簡単なアンケート依頼をクラウドソーシング「ランサーズ」に出しています)

 

ケース1:友人からの紹介

1つ目が「友人からの紹介で再婚した」ケースです(10人中1人が回答)。

子供がいることやあなたの性格を知っている友人が紹介してくれる人なので、当然お相手もあなたの状況を知っています。

あなた側から子持ちシングルであることを言う必要がないのです。

再婚時30代(再婚時お子さんは5才)のシングルファザーは、友人からの紹介で1年の交際を経て再婚された1人。

再婚を考えたきっかけとして、次のように述べています。

再婚時30代シングルファザー

子供が母親を必要としていたことや、私が男なのでだんだん大きくなる女の子の気持ちを理解したり、扱いが難しくなってきたからです。

子連れ再婚は子供と相手との相性が非常に重要です。

この点、信頼できる友人からの紹介だと、変な人は紹介されないですよね!

メリットとデメリット

【メリット】
最初からシングルの事情がわかっている場合が多い!
友人からの紹介なので、変な相手に出会う可能性が低い!

【デメリット】
紹介されるチャンスが一生ないかもしれない

友人からの紹介は理想的な方法の1つですが、そもそも紹介されないと始まらないという難点があります。

ケース2:昔からの知り合い

2つ目が「昔からの知り合いと再婚した」ケースです(10人中3人が回答)。

昔からの知り合いと再婚するのも、あなたのことを最初からよく知っているケースです。

性格や過去の結婚、シングルになった経緯がわかっている場合は、よりスムーズに交際に進めるかもしれません。

地元でたまたま会ったのがきっかけだったり、同窓会がきっかけだったり、昔からの知り合いと再婚するきっかけは思いがけぬところに転がっています。

昔から知り合いの女性と再婚された30代シングルファザーは、お相手の女性について次のように話しています。

再婚時30代シングルファザー

昔からの友達でしたので、前の妻と結婚したこと、子供がいること、死別したこと、全て知った上で交際を始めたので特別な反応はありませんでした。

このシングルファザーさんのように昔からの友達の場合は、これまでの複雑な経緯を改まって説明する必要がありません。

仮に、合コンなど新しい出会いの場合は

  • シングルであること
  • シングルになった経緯
  • 子供がいること

などいろいろ説明しなければいけません。これって結構ストレスがかかりますよね。

メリットとデメリット

【メリット】

最初からシングルの事情がわかっている場合が多い!
昔からの知り合いなので、お互いのことをよく知っている!

【デメリット】

昔からの知り合いと交際し、再婚する可能性があるかわからない

昔からの知り合いとはスムーズに子持ち交際できそうですが、そんな知り合いが周りにいるとは限らないのがデメリットです。

 

ケース3:職場の出会い

3つ目のケースが「職場の出会い」です(10人中2人が回答)。

職場での出会いは、相手があなたの事情をわかっている可能性が高く、職場のランチタイムなどにも愛を育むことができるパターンです。

職場の女性と再婚した元シングルファザー(再婚時に子供は6才)は、子持ちシングルなことに対する相手の印象について次のように述べています。

再婚時30代元シングルファザー

(自分が子持ちシングルなことに対して)同じ職場で、離婚してた事を知っていたので特に何も言ってませんでした。

恋愛にあたって子持ちシングルであることをちょっと引目に感じてしまうことがあるかもしれませんが、職場恋愛はその懸念を解消できます。

加えて、シングルマザー、シングルファザーの出会いの大きな障壁の一つが「時間」です。

プライベートな時間は基本的に全て子供と一緒なため、なかなか恋愛に割く時間が取れません。でも職場恋愛ならランチタイムや休憩時間を2人の時間に当てることもできます。

メリットとデメリット

【メリット】

最初から子持ちシングルの事情がわかっている場合が多い!
仕事の時間に愛を育める!

【デメリット】

職場のタイプ(異性がいないなど)によっては出会いが難しい
破局した時に気まずい

職場での出会いは利点が多いですが、同時に「破局した時に気まずい」などデメリットもあります。

ケース4:飲み屋での出会い

飲み屋での出会い」という意見もありました(10人中2人が回答)。

お酒が入っているため、距離が縮まりやすい出会い方です。

今回、子連れ再婚についてアンケートした10人のうち2人の方が「飲み屋で知り合った」と回答しました。

お酒の場というとちょっとハードルが高そうですが、決して珍しい出会い方ではないようです。

メリットとデメリット

【メリット】

お酒を飲んでいるので、打ち解けやすい!

【デメリット】

子供を預けられない人は難しい(子供が小さい場合)
お酒を飲めないと難しい
コミュニケーション力が必要

お酒が好きな人の場合は同じくお酒が好きな相手と出会えるため、気が合う相手と出会える可能性があります。

ケース5:お見合いパーティー

5つ目が「お見合いパーティー」です(10人中1人が回答)。

一定数の男女がホテルなどに集まって出会いを探すパーティーです。1対1でのトークタイムや、マッチングタイムなどがあります。

「恋愛したい」「結婚したい」という明確な目的を持った人が集まっているのが①〜④のパターンとは異なります。

お見合いパーティーでの出会いもすっかりポピュラーになりました。

現在ではお見合いパーティーも細分化され、

  • 30〜40代限定のパーティー
  • バツイチ限定のパーティー
  • 子持ち限定のパーティー

など様々なタイプのパーティーが開催されています。

再婚時40代(子供は4才)のシングルマザーはバツイチ限定の婚活パーティーに参加し、出会った同じバツイチ男性とゴールインした1人。

40代シングルマザー

バツイチであることはわかっているうえでのお見合いパーティーでの出会いだったので、子供のことを話しやすかったです。

相手の方もいろいろと話を聞いてくれました。

特に指定がないお見合いパーティーだと、お相手に「子持ちシングルであること」をどこかのタイミングで伝えなければいけません。

上記の元シングルマザーのように、「バツイチ限定のパーティー」に参加すれば伝えるストレスがなくなります

メリットとデメリット

【メリット】

出会いを探している人が集まっている!
シングル限定パーティーに参加すれば、最短距離で出会いに近づける!
数千円で参加できる!

【デメリット】

一部サクラがいる可能性も
地域によってはパーティーの数が少ない

例えば結婚相談所を利用した場合、何万円と料金がかかる場合があります

婚活パーティーは1回数千円で参加できるので、気軽に出会いを探せるのも魅力です。

婚活パーティー大手のPARTY☆PARTYではシンママ、シンパパ向けの婚活パーティーが多く開催されていますよ!

ケース6:マッチングアプリ

最後に紹介する出会い方が「マッチングアプリ」です(10人中1人が回答)。

アプリでマッチングして、メッセージのやりとりをします。

多くのサービスがあり、シングルマザー、シングルファザーを優遇するサービスも出てきました!

マッチングアプリはここ数年で急速に普及した出会い方です。

マッチングアプリきっかけで結婚する人も当たり前になりましたよね。

20代で再婚した元シングルファザー(子供は再婚時3才)はマッチングアプリを通じて、未婚女性と再婚されました!

再婚しようと思ったきっかけについて、次のように述べています。

20代シングルファザー

子供の将来を考えた時に母親という絶対的な存在は必須と思いました。

自分のことも考えてましたが、子供のことがやはり1番です。

小さな子供がいると出会いや恋愛に時間が割けないという問題がありますが、マッチングアプリは家にいながら出会いを探すことができます

メリットとデメリット

【メリット】

いつでもどこでもスマホだけで出会いを探せる!
0〜数千円で利用できる!
出会いを探している人が集まっている!

【デメリット】

サクラがいる可能性も

低料金で気軽に出会いを探せるのがマッチングアプリの大きなメリット

自分1人の時間が取れないシングルマザー、シングルファザーにとってはメリットが多い出会い方です。

サクラへの懸念ですが、大手マッチングアプリは本人確認を徹底していたり、怪しいユーザー巡回チェックしています。

大手を利用することでサクラを回避できる可能性が高まるとも言えます。

プロフィール写真の選び方やプロフィール設定が苦手な方には【Photojoy】マッチングアプリ専門のプロフィール写真撮影サービスを利用するのもオススメです。

【マリッシュ体験談】30代未婚シングルマザーが登録してみた!【婚活】

続きを見る

あなたに合う出会い方は?

今回、再婚したシングルマザー、シングルファザーに再婚相手と出会ったきっかけを聞いたところ、次のような意見が集まりました!

  • 知り合いからの紹介
  • 昔からの知り合い
  • 職場の出会い
  • 飲み屋での出会い
  • 婚活パーティー
  • マッチングアプリ

それぞれメリットデメリットがあります

知人が多い方は「知り合いからの紹介」や「昔からの知り合い」がきっかけで再婚に向けた出会いがあるかもしれません。

ひょんなことから「職場での出会い」があるかもしれません。

社交的でお酒の席が好きな方は「飲み屋での出会い」があるかもしれません。

真剣に恋活、婚活している相手を探している人は「ひとり親向けの婚活パーティー」が適しているかもしれません。

仕事や子育てが忙しいけれど、将来に向けた出会いや気軽に話せる異性を探している人には「マッチングアプリ」が最適かもしれません。

子連れ再婚のポイントは”焦らない”ことですが、行動を起こさなければ何も変わりません

それぞれに合った方法で、出会いを探してみてください。

子連れ再婚ストーリー

  • この記事を書いた人
シンママWORK

シンママWORK

「シンママWORK」はシングルマザーに向けた転職ノウハウや在宅ワークの情報を発信します。今よりより良いワークライフバランス、勤務環境へ。

© 2021 シンママWORK Powered by AFFINGER5